専門学校で学ぼう

保育士の資格は保育士養成施設を卒業すると得られます。大学や短大に限らず、専門学校で夜間部に通えば今の仕事や学業を続けたままでも、卒業を目指せます。

保育士の学校選びに関するQ&A

通う期間が異なるのはなぜですか。

学校によってカリキュラムの進め方が異なるためです。4年制大学は保育以外の知識も身に着けることができます。

幼稚園教諭の免許は取れますか。

指定校と呼ばれる学校であれば、卒業すれば免許を取得できます。併修校は通信教育課程が別途必要な学校です。

仕事を辞めずに通えますか。

専門学校の夜間部なら可能です。昼間に出席が必要な授業がどの程度あるかは入学前に確認をしておきましょう。

働きながら通える

園児と保育士

すでに社会で働いているが保育士の資格を取りたいという方や、子育てしながら資格の勉強をしたいという方にも対応している専門学校が増えています。夜間に通学して勉強する方法は、昼間のコースと同じカリキュラムを学べるのでしっかりとした知識が身につきます。もちろん昼間に学べるコースもあり、自分に合うコースを資料請求して選ぶのがオススメです。

作文の対策を行う

ほとんどの保育士の専門学校では、高校卒業の資格があれば入学出来ますが試験として作文を書くところもあります。試験対策として、受験用の作文に書き方を学んでおくと安心です。また、学費に関しては奨学金などの制度を利用することも可能です。受験をする前に、資格取得までにかかる費用を調べてから申し込むようにしましょう。通学時間や学校の最寄り駅や乗り換えについてあらかじめ調べておくと、通学しやすくなります。高校卒業から5年以上経っている場合は、卒業証明書を出身校に申請する必要があります。

通信教育という選択肢も

自宅や会社のある場所から通える保育士の学校が見つからない場合には、通信教育の保育士学校もあります。資格取得のスクールなどで、行われている講座を受講し資格取得を目指せます。インターネットのホームページから、資料請求や申し込みが出来るので便利です。受講料は事前に一括払いにするか、分割払いにするかを決めておくと予算を立てやすくなります。学習後は全国で行われる保育士試験を受験出来るので、どこに住んでいても安心です。

広告募集中