目次

大学出なくても取れるもの

心理カウンセラーの資格の種類では、公認心理師、臨床心理士、認定心理士、産業カウンセラーなどが主に知られる資格といわれています。しかし、公認心理師や臨床心理士は大学院へ進学して卒業しなければなりませんし、認定心理士も大学で必要単位を取得して卒業しなければ取得することはできません。しかし産業カウンセラーは、大学を卒業していない人でも取得することができます。

養成スクールの費用

心理カウンセラーになるための資格の1つである産業カウンセラーを取得するためには、養成スクールに通って必要単位を取得することが必要です。養成スクールはおおよそ半年ほど通うことになるといわれています。そして通うために必要な費用は、大体30万円ほどといわれています。現在では通信制の講座もあり、それを選択する場合は1年勉強が要されます。その費用は通学性より少し安くなり、22万円ほどといわれています。

主婦層に人気あり

費用を高く感じる人も少なくありませんが、それでも産業カウンセラーの資格を取ろうとする人は多く人気があります。その理由に、大学を卒業しなくても取ることができるということと、通信制でも取得することができるということで主婦層で取得しようとする人が増えているためです。子育てしながら勉強することができるということで、心のケアに努める心理カウンセラーに関心を持つ女性は多く、主婦層から勉強して手に職をつけたいという人がたくさん存在しています。

相談者の信頼を得るために

心理カウンセラーは実は資格が要されるわけではありません。無資格でも活動することは可能となっています。しかし、資格を持つことで相談したいという人の信頼を得やすくなります。

広告募集中